俳優

ボビー・オロゴンの妻へのDVはウソ?離婚するための口実か

こんにちは!美女協会です。

 

 

 

今回は格闘家に加えタレントとしても活動されていたボビー・オロゴンさんについて取り上げていきたいと思います。

 

 

 

先日のサンスポの記事によるとボビーさんは「この度は、ご心配・ご迷惑をおかけいたしましたことを心よりお詫び申し上げます」との謝罪に加え改めてDVを否定しました。

 

 

 

これにはネットからも「本当はどうかな。」、「たしかに煽られて仕向けられた可能性はあると思います。とDVをしたかどうかについて疑問視する声が多く見られています。

 

 

 

 

そこでこの記事では、ボビー・オロゴンさんの妻へのDVはウソだったのか?離婚をするための口実としてハメられたのか?徹底的に探っていきたいと思います。

 

 

 

ボビー・オロゴンの妻へのDVはウソか

 

 

 

 

ボビー・オロゴンさんは妻にDVしたことを否定した上でDVがなかった証拠としてこのように話しています。

 

 

 

妻が「長期間にわたるDV(があった)」と語っているという事実について否定。「15年7月から19年12月まで妻や子供たちは、子供の留学のためにオーストラリアに住んでいたため、『長期間にわたるDV』という妻のコメントは事実ではございません」と釈明した。

引用元:スポーツ報知

 

 

 

また、ボビーさんによると奥さんは早い段階から離婚の準備をしていたようで「自宅登記簿、私の課税証明書や納税証明書を取得するなどして、私の収入を調べておりました。」との発言もされています。

 

 

 

その後一度確かに夫婦喧嘩はあったものの暴行ではなく指が当たってしまったことはあったとのことです。

 

 

 

こうしたことを踏まえDVをどの程度したのかについては定かではありませんが、少なくとも「長期的なDV」という表現はウソであったか可能性が高いと思います。

 

 

 

 

しかし、ここでなぜ奥さんが「長期的なDV」と表現し離婚をしようとしたのか疑念が残ります。

 

 

 

 

長期的なDVはなかったものの日常的な喧嘩の中で度々ボビーさんが高圧的に見えてしまった他に実際に手を挙げてしまったことがあったということでしょうか。

 

 

 

 

ボビー・オロゴンの妻へのDVはウソで離婚の口実のためか

 

 

 

 

ボビー・オロゴンさんと奥さんの事件が起きたのは5月16日。当時のことについてこのように述べられています。

 

 

 

5月16日に夫婦喧嘩(げんか)になり、本件暴行事件につながったのですが、当日の喧嘩を、妻が録音しております。今になって思えば、当日録音していたこと、2月から離婚の準備のため私の収入を調べたりしていることを考えると、妻のトラップにはまってしまったのだと思いました」  しかしながら、「トラップとはいえ、私の指が妻の顔に当たってしまったことは事実でありますので、それに対する処罰があるのであれば、真摯に受け止めさせていただきます」と反省のコメント。「今は収入もなくなり、子供たちに会うことができず、一番心配なのは子供たちがちゃんと生活できているのかということです」とつづった。

引用元:スポーツ報知

 

 

 

他にも起訴状ではボビーさんから「ボコボコにしてやるからな」との発言もあったそうでおそらくこのような発言をされたことは確かだと思います。

 

 

 

 

しかし事件当日、「妻が録音しております。」と話していることから初めから訴えるための武器として奥さんが用意していたことが伺えます。

 

 

 

 

したがって、初めから証拠集めとして喧嘩を起こし結果的に離婚に持っていくことが奥さんの狙いだったのではないでしょうか。

 

 

 

 

とはいうもののボビーさん側からの証言だけでは奥さんがボビーさんをハメた悪人のようにも見えますが、そもそも離婚したいと思わせたボビーさん側にも大いに問題はあると思います。

 

 

 

 

ここでは語られていませんが、夫婦間が破綻してしまっていた原因は何だったのかそこが争点ではないでしょうか。

 

 

 

ボビー・オロゴンの妻へのDV否定(ウソ)にネットからは

 

 

 

ボビー・オロゴンさんの供述を受けネットではボビーさんを庇う声もあれば厳しい発言も飛び交うなど様々な反響がありました。

 

 

 

奥さんが時間をかけて離婚へ向けての証拠固めをしてる時点で夫婦関係は実質破綻してたんでしょうね。

 

 

 

たしかに煽られて仕向けられた可能性はあると思います。真実は当事者しか知りませんが。でも手を出してしまったら負けです。後で何を言っても言い訳に聴こえてしまいます。

 

 

 

やった、やらぬは水かけ論。しかし離婚したいという、決意は本物。もはや修復の余地はない。

 

 

 

 

 

 

 

 

ボビー・オロゴンの妻へのDVはウソ?離婚するための口実かまとめ

 

 

 

 

今回はボビー・オロゴンさんの妻へのDVがウソだったのかについてまとめていきました。

 

 

この記事のポイントをまとめると以下になります。

 

ポイント

・ボビー・オロゴンが長期にわたりDVをしていた可能性は低いと考察

・ボビー・オロゴンと離婚をするための口実としてDVを出した可能性が高いと考察

 

 

今後ともボビー・オロゴンさんのDV騒動に進展があるのか注目してみていきたいです。

スポンサーリンク

人気記事

-俳優

© 2021 美女協会 Powered by AFFINGER5