女優

加藤紗里、ココカフェ早くも閉店に?炎上商法使うも客足伸びず低迷気味に!

こんにちは!美女協会です。

 

 

 

 

今回は先日SNSで、過激な動画を挙げたことで炎上している加藤紗里さんについて取り上げていきたいと思います。

 

 

 

 

加藤紗里さんは自身のインスタグラムでパンケーキを叩き潰す動画を挙げるも大炎上。これには炎上商法との見方もありますが、「お店には行かないほうが良い」などとかえって逆効果に働いているとのことです。

 

 

 

加えて、加藤紗里さんは過去に炎上商法を使ってカフェをプロデュースするも三か月で閉店するなど「ココカフェ京都もそうなってしまうのではないか?」とした見方が一部視聴者から寄せられています。

 

 

 

 

そこでこの記事では、加藤紗里さんが炎上商法を使って宣伝したココカフェ京都の閉店の可能性はあるのか?今後のココカフェ京都側の対応も含め徹底的に探っていきたいと思います!

 

 

 

この記事では、以下のことについて書かれています。

 

 

記事の内容

・加藤紗里が宣伝したココカフェ京都店が閉店するのかどうかについて

・加藤紗里が過去に宣伝したカフェが三か月で閉店していることについて

・加藤紗里がココカフェ京都店から損害賠償を受けた場合の金額について

 

 

 

加藤紗里、ココカフェ早くも閉店になるか

 

 

 

 

加藤紗里さんが宣伝したと思われるココカフェ京都店の閉店の可能性ですが、客足が伸びていないことから閉店の可能性は大いにあると思います。

 

 

 

 

 

また、加藤紗里さんの一連の行為に対し「やらせ」とも思われる発言があることから、これにはアンミカさんもお店に行きたくないのでは?とした見方を示しています。

 

 

 

 

番組では加藤に直接取材し、パンケーキ叩きつぶし動画の真意を聞いたところ「炎上商法」であると認め、店も台本をもらって知っていたと主張。批判的なコメントをしている人達へ「だまされてくれてありがとう」などと語ってた。  これにアンミカは「だからこの店に行こうってなるのかな?」と疑問視し、万が一子供がまねする危険があることから「おせっかいお姉さんとしては正直どうでもいいけど」「食べ物とサービスを貶める行為は個人的には好きじゃない」と訴えた。

引用元:デイリー

 

 

 

 

今回の騒動の一番の問題点は、やはり食べ物を粗末にしてしまったことにあるのではないでしょうか。

 

 

 

 

結果として、食べ物を「飲食店で」粗末にしたうえ一連の行為を「やらせ」だったとして開き直った発言をしたことで火に油を注ぐかたちになったのだと思います。

 

 

 

 

 

少なくともお店側は加藤紗里さんをゲストとして呼んでいるわけですが、動画ではカフェの場所や店名がないなどプロモーションの仕方にも問題があるようにも感じます。

 

 

 

 

加藤紗里、過去にカフェを三か月で閉店に?

 

 

 

 

 

加藤紗里さんのこれまでの炎上商法について調べたところ、加藤紗里さんは過去に炎上商法を使ってカフェを宣伝するも結果的に閉店になってしまったことがあったそうです。

 

 

 

 

当時のことについてエキサイトニュースによるとこのように書かれています。

 

 

 

別のツイートでは「みんなに名前がタリーズカフェのパクリだと罵倒されたサリーズカフェ」に自虐的に紹介。

「紗里を求めて大行列が…出来る…気がしたんだけど めーっちゃ惜しまれつつ、、、閉店」と想定外の展開に苦笑い。

「まぁ仕方ない 次はなにしよっかな」と懲りていない様子だった。

引用元:エキサイトニュース

 

 

閉店に至ったカフェは当時広島県にあった「サリーズカフェ」ということでしたが、これにはYahooニュースからも「炎上商法も限界か?」とした声もあったとのことです。

 

 

 

 

また一方でカフェは業界の中でも経営が難しくプロモーション活動が足りなかったのでは?とした声もありました。

 

 

 

 

こうした過去の事例を受け、加藤紗里さんは積極的にココカフェをプロモーションしているのではないでしょうか。

 

 

 

 

しかし、以前と同様に炎上商法によって注目を集めようとしただけに二の舞を踏むことになる可能性も十分にあると思います。

 

 

 

加藤紗里、ココカフェ早くも閉店に気になる損害賠償はいくらか

 

 

 

 

ここでは仮に加藤紗里さんが宣伝したと思われるココカフェ京都が閉店した場合の損害賠償について考察していきます。

 

 

 

 

現時点で弁護士ドットコムによると、加藤紗里さんの一連の行為に対しこのような見解を示しています。

 

 

 

まず、刑法上の犯罪が成立するのかというところです。机や椅子を汚した点について、刑法261条の器物損壊罪が成立する可能性がありますね。 また、店の営業を妨害しているという意味で、刑法234条の威力業務妨害罪が成立する可能性もあります。 そして、店の営業を妨害する可能性がありますので、この犯罪が成立してもおかしくありません。

引用元:弁護士ドットコム

 

 

 

このことから加藤紗里さんは法的な観点から見れば、器物損壊罪・威力業務妨害罪が成立する可能性があるとのことです。

 

 

 

 

また、パンケーキを叩き潰したことで他のお客さんが嫌がった場合、損害賠償請求をされることも考えられるとの見解を示しています。

 

 

 

 

万が一結果的に閉店になり損害賠償金額を請求された場合、お店側がゲストとして呼んだことも踏まえ多く見積もっても1,000万いかない位だと思います

 

 

 

 

今後は加藤紗里さんにかかわらず、炎上商法で商品を売っていくのは厳しいのではないでしょうか。

 

 

 

加藤紗里の炎上商法にネットからは批判殺到!ココカフェ閉店の声も

 

 

 

 

 

加藤紗里さんのココカフェ京都の炎上商法を受けネットからは批判の声が殺到しています。

 

 

 

加藤紗里好きでも嫌いでもなかったけどパンケーキ動画見て無理になった

 

 

加藤紗里パンケーキぶっ潰し動画怖いんだけど…。怖くない?店側も潰す事承知の上で提供してるんだろうけど、それはそれで店側もやばくない?あの動画の加藤紗里には恐怖を感じた

 

 

食べ物を粗末にするな!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

加藤紗里、ココカフェ早くも閉店に?炎上商法使うも客足伸びず低迷気味に!まとめ

 

 

今回は加藤紗里さんが宣伝したココカフェ京都が閉店するのかどうかについて取り上げていきました。

 

 

この記事のポイントをまとめると以下になります。

 

 

ポイント

・加藤紗里が宣伝したココカフェ京都店が閉店する可能性は大いにあると考察

・加藤紗里が過去に広島県にある「セリーズカフェ」を炎上商法で宣伝するも結果的に閉店になったことがある。

・加藤紗里がココカフェ京都店から損害賠償を受けた場合の金額は多く見積もっても1,000万円いかないと考察

 

 

今後ココカフェ京都店がどのように対応していくのか注目してみていきたいです。

 

 

人気記事

-女優

© 2021 美女協会 Powered by AFFINGER5