女優

北川景子の父(北川元洋)は三菱重工役員?年収がすごい

 

第一子を出産し芸能生活も私生活も順風満帆の北川景子さんですが、最近北川さんの家族が注目を集めています。

 

最も注目が集まっているのが北川景子さんの父、北川元洋さんです。

 

元洋さんは日本の大企業に務め、海上自衛隊の潜水艦「たいげい」の建造を請け負っており、その進水式に出席していました。

 

 

北川景子さんの父である北川元洋さんはどのような人か、務めている会社についても徹底的に紹介していきます。

 

この記事では、以下のことについて書かれています。

 

記事の内容

・北川景子さんの父北川元洋さんの人柄や経歴は?

・北川景子さんの父北川元洋さんの職業は?

・北川景子さんの父北川元洋さんの気になる年収は?

 

北川景子の父、北川元洋はどんな人?

 

 

元洋さんは口数が少なく厳格な性格のようですが、北川景子さんの芸能活動を最初から応援し背中を押してくれていました。

 

景子さんの夫であるDAIGOさんとも良好な関係のようです。

 

元洋さんの出身大学は慶應義塾大学理工学部。

 

卒業した後は慶應義塾大学の大学院に進んでいます。

 

慶應義塾大学の偏差値は60.0~72.5と高くエリート大学としても広く知られています。

 

元洋さんは理学と工学の両方の観点から自然科学に関する研究を行っている理工学部を専攻していました。

 

大学時代には「バネの研究」を行い論文も多く残しているようです。

 

 

北川元洋は三菱重工の役員?

 

 

三菱重工は幅広い事業展開を行いグローバルな活動を行っている日本の大企業です。

 

三菱重工といえば家電製品や宇宙開発に力を入れていることでも有名ですよね。

 

大学時代から優秀だった元洋さんは三菱重工の「防衛・宇宙セグメント」という部署で働いています。

 

「防衛・宇宙セグメント」では戦闘機や戦車の開発や製造を行い、自衛隊とも関わりのある国家機密を扱う重要な仕事を受け持っています。

 

元洋さんは三菱重工の幹部であり「防衛・宇宙セグメント」の部署内でも責任のある立場を任されているようです。

 

神戸港にて行われた海上自衛隊の潜水艦「たいげい」進水式では、潜水艦の建造に携わっていたこともあり、出席していました。

 

 

 

三菱重工の年収はいくら?

 

 

 

三菱重工は大企業のため高年収が期待されますが、幹部の年収は一体どのくらいなのでしょうか。

 

三菱重工の2020年の平均年収は約870万円です。

 

全国の平均年収は約441万円のため三菱重工は約430万円も高い年収となっています。

 

同業他社と比較しても三菱重工の年収は大きく上回っているようです。

 

転職サイト「キャリコネ」を運営しているグローバルウェイが調査をしたところ、機械業界の年収ランキングでは三菱重工は2位にランクインしています。

 

年収は役職が付くとさらに上昇します。

 

主任や係長クラスだと800万円後半〜900万円後半、課長や部長クラスになると1300万円以上と高い水準になっています。

 

また年功序列制度や学歴によっても年収が変わってくるため、大学院卒の元洋さんの年収は1000万円は確実に超えているのではないでしょうか。

 

 

北川景子の父(北川元洋)は三菱重工役員?年収がすごいまとめ

 

今回は北川景子さんの父、北川元洋さんについて紹介してきました。

 

この記事のポイントをまとめると以下のようになります。

 

ポイント

・北川景子さんの父北川元洋さんの性格は、口数が少なく厳格な性格

・北川景子さんの父北川元洋さんは慶応大学理工学部に進学していた

・北川景子さんの父北川元洋さんは、三菱重工で働いている

・北川景子さんの父北川元洋さんの年収は1,000万以上!

 

景子さんも映画やドラマ、CMと大活躍でしたが父の元洋さんも三菱重工の重要な部署で大活躍しているようです。

 

北川家ではまた一人家族が増えたため、これから益々注目されてくことでしょう。

 

スポンサーリンク

人気記事

-女優

© 2021 美女協会 Powered by AFFINGER5