トレンド

YouTuberを目指す方必見!垢バンされるラインを理解しよう

垢バン

YouTubeで魅力的な動画を配信している中で、気をつけたいのが垢バンです。

せっかく魅力的な動画を公開していても、垢バンされた時点で今までの苦労が水の泡になってしまうのです

 

ただ、垢バンされる基準を知っておかないと自分自身では問題ないと思っていて投稿しているのに、それがNGと判断されてしまうこともあります。

では、垢バンはどのような基準で発生するのでしょうか?

 

この記事では、垢バンやBANされる基準について、具体例を含めて紹介します。

今YouTuberとして活躍されている方も必見の情報が満載ですよ!

 

そもそも垢バンって何?

NG

まずはじめに、そもそも垢バンとは一体どのようなものであるのかについて解説します。

垢バンとは、以下のことを表す用語です。

垢バンとは・・・

利用しているサービスから利用規約違反を行っていると判断され、アカウントが削除されることを指す

いわゆるネット用語ですが、SNSなどでも頻繁に見られる現象です。

YouTubeでは、垢バンの他にも運営しているチャンネルがバンされるBANを指す場合もあります。

 

垢バンされるとどうなる?

垢バン処分を受けることで、新規に動画を登録できなくなったり最悪の場合はログインすらできなくなります。

また、BANの場合はチャンネルが停止されたり削除されてしまいます。

 

せっかく今までコツコツとアップロードした動画が、一瞬のうちに消えてなくなるということでとても恐ろしいことなのです。

 

なぜ垢バンするの?

なぜYouTubeは、垢バンをするのかと言えばYouTubeの健全性を保つためです。

例えば、明らかに著作権法違反となる動画がアップロードされていると、YouTubeは何でもありの空間であると誤解されてしまいます。

 

YouTubeでは、多くの企業が広告を掲載していますが、不正が横行していると企業側も離れてしまうのです。

そこで、一定の基準を持って不正利用していると判断するユーザーに対して垢バンするのです。

垢バンされる主な原因

BAN

では、ここからは実際に垢バンされることが多い事例について紹介します。

自分の動画に当てはまらないか、しっかり確認しましょう。

 

スパムや欺瞞行為

SNSでもよく見られますが、スパム行為はとにかく利用していて不快です。

見る価値がないものに対して、時間を取られるほど無駄なことはありません。

 

YouTubeでも、残念ながらスパム行為が見てとれる動画があるのは事実です。

特に多いのが、Sub4Sub動画と呼ばれる相互フォローを目的としたコンテンツです。

 

実際に、チャンネル登録者数を増やして報酬を増やそうとする行為が横行しており、それを不快に感じている方が多いのは事実です。

相互フォロー自体は決して悪いことではありませんが、不特定多数に対して行うのは止めましょうね。

 

デリケートなコンテンツ

デリケートなコンテンツとは、主に以下の動画を指します。

  • 子どもの安全
  • カスタム サムネイル
  • ヌードや性的なコンテンツ
  • 自殺や自傷行為

主に、アダルト系の動画を禁止している項目となります。

特に、児童ポルノには厳しい姿勢を示しており、絶対に行ってはいけません。

また、アダルトではなくても男性の乳首もNGに指定されていることで有名です。

代表例が、江頭2:50さんであり、上半身裸で乳首の部分だけテープを付けています

 

このように、YouTubeはアダルト系の表現に非常に厳しいので注意しましょう。

 

暴力的または危険なコンテンツ

暴力的または危険なコンテンツには、主に以下が該当します。

  • 嫌がらせやネットいじめ
  • 有害で危険なコンテンツ
  • ヘイトスピーチ
  • 暴力犯罪組織
  • 暴力的で生々しいコンテンツ

これもアダルト系と同様で、しかも犯罪に関わることもあるので当然のルールです。

特に、個人を特定していじめるようなコンテンツは、即垢バンの対象となります。

 

さらに、ヘイトスピーチに関する動画も非常に厳しく規制されています。

政治的なことであっても、ヘイトスピーチになりそうな動画には注意が必要です。

 

このような動画は、ターゲットとなる可能性が高いですね。

規制品に関するコンテンツ

規制品に関するコンテンツとは、銃器に関するものや違法薬物、規制対象になるものを指します。

例えば、銃を使用したコンテンツは垢バンの対象となります。

 

また、意外と注意したいのがアルコールやたばこに関する動画です。

YouTubeでは、お酒を飲むような動画が少ないのですが、それは未成年は飲酒できないために規制対象となっているためです。

 

コロナウイルス(COVID-19)に関する誤ったコンテンツ

最近追加された垢バン対象のルールとして、新型コロナウイルスに関する、綾またコンテンツです。

気軽にコロナに関する情報を発信することは、基本的に許可されていない状況です。

 

なぜこのような規制が追加されたかと言えば、誤った情報がYouTubeで拡散されてしまうことで、大きな範囲で混乱を生じさせるためです。

その概念は理解できますが、過敏になりすぎている感じも強いですね。

各々が情報を発信することは基本的に許可されていません。誤った情報がYouTubeで拡散されてしまうと、大きな範囲で混乱を生じさせてしまうためです

投稿者としては、かなり息苦しさを感じますよね。

著作権法に関わるコンテンツ

YouTubeでは、地上波テレビの番組が第三者によってアップロードされていることがあります。

また、映画館で盗撮した動画をYouTube上でアップロードして、逮捕されたユーザーもいるのです。

 

著作権法違反に関しては、Content IDによる申し立てと他の利用者からの通報により判断されます。

もし垢バンされたらどうする?

明らかに規約違反を行って垢バンされるのならまだしも、実は機械的にコンテンツを判断していることから誤判定することもあるのです

よって、YouTubeではチャンネルまたはアカウントが誤って停止されたと思われるケースでは、専用フォームを使用して再審査を請求可能です。

 

また、著作権法違反により停止された場合、異議申し立て通知を提出することができます。

ただ、異議申し立てした時点で法的手続きが開始されるので注意しましょう。

 

 

実際に異議申し立てを行った方も多くいますが、必ずしても思い通りの結果にはならないようですね。

垢バンされないように注意しよう!

垢バンは、せっかく自分が築き上げたものが一瞬にして崩れ去ります。

誤判定があるのも解せませんが、それでも自分自身で利用規約をしっかり確認した上で、遵守することが重要です。

 

垢バンされないために、注意すべきポイントをまとめます。

・男性でも乳首の露出はアダルト系と判断されるので危険

・相手をけなすような動画はなるべく行わない

・アルコールやたばこも規制の対象となるので要注意

・著作権法違反はもってのほか!絶対に行わない

 

垢バン基準を理解して、YouTubeを使いこなしましょう!

人気記事

-トレンド

© 2021 美女協会 Powered by AFFINGER5